始球式初登板の上野樹里はなかなかのアスリート

d0001631_16255653.jpg NHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」(月-土曜前8・15)のヒロイン四姉妹の三女・秋子役を演じる女優、上野樹里(17)が22日、大阪・西区の大阪ドームで行われた「第30回記念社会人野球日本選手権大会」の始球式で登板した。
 上野は小学6年時に、兵庫県の県大会で100メートル4位になった経歴を持つアスリート。投球はややそれたものの、キャッチャーまで届き、「手作りのボールで練習してきたので(硬式)ボールが重かった。でも、楽しかったです」と満面の笑みを浮かべていた。
[PR]
by 20050312 | 2003-11-22 23:59 | 始球式(70)
<< “勝利の女神”水野真紀、虎にな... YAWARA始球式熱投&熱愛 >>